日本遺産「南国宮崎の古墳景観」をめぐる ルート」

宮崎港を出発して、宮崎市 児湯郡新富町 西都市をめぐる3つの古墳ルート 前半は海沿い 後半 坂道もあるが、田園と古墳の景観を堪能できる。

日本遺産 南国宮崎の古墳をめぐるルート

中でも 西都市(さいとし)は、宮崎県のほぼ中央部に位置し、日本最大級の古墳群である「西都原古墳群」で知られる市である。
市を北西から南東に向かって、一ツ瀬川が貫流している。上流部では無数の小川が渓谷を刻み、それらの流れが集まって、九州最大の貯水量を誇る一ツ瀬ダム(米良湖)となっている。下流は宮崎平野が広がり、園芸農業、畜産業が盛んであるほか、西岸の洪積層台地には西都原古墳群が広がる。
西都から綾への道のりは高低差はあるものの、のどかな風景が続き、サイクリストにも人気のコースだ。
西都市は近年、自転車イベント事業に力を入れており、様々なイベントを開催していることでも知られている。
綾へのコースはイベントでも何度か使われており、のどかな風景と様々な観光名所、美味しい食べ物を目当てにたくさんの観光客が訪れることでも有名である。

距離 71.3

PAGE TOP
Language