高千穂観光ルート

神話のふるさと高千穂

高千穂町は九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、町の中心部を五ヶ瀬川が西北から南東にかけて貫流し、途中、名勝天然記念物高千穂峡が神秘的かつ雄大に自然に創出しています。気候は、平地の標高が約300メートル以上で夏・冬の気温差が大きく、四季の変化に富み自然環境が春の新緑、秋の紅葉となって観光資源の一環を成しています。高千穂の起源は古く、古代遺跡の発掘や多くの出土品等の遺物により、紀元前4000年頃から集落が作られたと推定される。一方、天の岩戸開きや天孫降臨などの神話の高千穂町としても知られています。(引用:高千穂町ホームページより)

以下のマップは、このページからダウンロードできます。(PDF)

天岩戸五社巡りサイクリングコース

高千穂の雄大な自然と原風景が一望できるコース。天岩戸五社を巡れば、御朱印をもらうことができます。

町内(Aコース)

高千穂峡を中心とした峡谷美を堪能するコース。

町内(Bコース)

神話史跡や高千穂の原風景が残る棚田など五感で楽しむことのできるおすすめのコース。

PAGE TOP
Language