県北コース(延岡・えびの・高千穂)

県北

県北コース(延岡・えびの・高千穂)


  1. えびの観光ルート
  2. 延岡観光ルート
  3. 高千穂観光ルート

温泉地巡りに最適なえびのルート

えびの高原は、九州南部に連なる霧島山の韓国岳、蝦野岳、白鳥山、甑岳に囲まれた盆地状の高原である。
標高1200m、日本で最初の国立公園に指定された霧島屋久国立公園の北部に位置しており、
豊かな自然の宝庫としても知られる県内屈指の観光エリアです。
宮崎県で最も泉源の豊富な温泉で、このコースはたくさんの温泉地を巡ることもでき、
トレッキングスポットとしても人気の高い韓国岳や甑岳をはじめ、
さまざまな山々がすそ野を広げる高原内には不動池、六観音御池、白紫池などの火山湖があります。

距離

182.6km

最大標高差

1137m

平均斜度

全体:0%
上り:4.4%
下り:4.6%

獲得標高

上り:2976m
下り:2983m

想定所要時間

車:4時間33分
自転車:12時間10分
徒歩:36時間30分

本物の感動がつまった 絶景の数々!

延岡の見どころは、やはり海。展望台から見えるリアス式海岸はまさに絶景。
観光にもってこいの絶景スポットも多く、なんとダイビング体験などもできてしまうという。
海岸線は変化に富む複雑な岩礁で海の下にも続き、周辺の海ではテーブルサンゴやソフトコーラルが広い範囲でみられます。
変化に富んだ地形に恵まれ、近海には100種類近くのサンゴが生息していると言われています。
日本有数の日照時間を誇る温暖な土地でもあり、ニホンカモシカ、カエルアンコウなど希少な動植物の楽園です♪

距離

87.5km

最大標高差

257m

平均斜度

全体:0%
上り:4.7%
下り:4.3%

獲得標高

上り:1142m
下り:1133m

想定所要時間

車:2時間11分
自転車:5時間50分
徒歩:17時間30分

神話のふるさと高千穂

高千穂町は九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、町の中心部を五ヶ瀬川が西北から南東にかけて貫流し、途中、名勝天然記念物高千穂峡が神秘的かつ雄大に自然に創出しています。気候は、平地の標高が約300メートル以上で夏・冬の気温差が大きく、四季の変化に富み自然環境が春の新緑、秋の紅葉となって観光資源の一環を成しています。高千穂の起源は古く、古代遺跡の発掘や多くの出土品等の遺物により、紀元前4000年頃から集落が作られたと推定される。一方、天の岩戸開きや天孫降臨などの神話の高千穂町としても知られています。
(引用:高千穂町ホームページより)

距離

131.7km

最大標高差

1174m

平均斜度

全体:0%
上り:5.6%
下り:5.8%

獲得標高

上り:2953m
下り:2950m

想定所要時間

車:3時間17分
自転車:8時間46分
徒歩:26時間20分

PAGE TOP