県北コース

県北

延岡・高千穂コース

CYCLE OF HINATA
"県北"推奨コース

延岡日之影の三大橋を駆け抜け天孫降臨の地で「神話の源流」と「世界農業遺産」を巡る旅
総走行距離:約170km

一日目は、宮崎市からJR日豊線に乗り込み、自転車を積んで県北に向かいます。南延岡駅から県道を通り、五ヶ瀬川を横目に日之影を経由して神話の里・高千穂へ。数々の橋梁をくぐりながら、たくさんのパワースポットを巡ります。
二日目は、雲海の名所として知られる国見ケ丘に早朝ライド。神々が眺めた眺望を楽しんだ後は、世界農業遺産の一つとされる棚田を堪能します。帰りは再び電車に乗り込み、余韻に浸りながら帰路につきます。
推奨県北コースを見る

各地のモデルコース

  • 延岡観光ルート
  • 高千穂観光ルート

本物の感動がつまった 絶景の数々!

延岡の見どころは、やはり海。展望台から見えるリアス式海岸はまさに絶景。
観光にもってこいの絶景スポットも多く、なんとダイビング体験などもできてしまうという。
海岸線は変化に富む複雑な岩礁で海の下にも続き、周辺の海ではテーブルサンゴやソフトコーラルが広い範囲でみられます。
変化に富んだ地形に恵まれ、近海には100種類近くのサンゴが生息していると言われています。
日本有数の日照時間を誇る温暖な土地でもあり、ニホンカモシカ、カエルアンコウなど希少な動植物の楽園です♪

距離

87.5km

最大標高差

257m

平均斜度

全体:0%
上り:4.7%
下り:4.3%

獲得標高

上り:1142m
下り:1133m

想定所要時間

車:2時間11分
自転車:5時間50分
徒歩:17時間30分

神話のふるさと高千穂

高千穂町は九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、町の中心部を五ヶ瀬川が西北から南東にかけて貫流し、途中、名勝天然記念物高千穂峡が神秘的かつ雄大に自然に創出しています。気候は、平地の標高が約300メートル以上で夏・冬の気温差が大きく、四季の変化に富み自然環境が春の新緑、秋の紅葉となって観光資源の一環を成しています。高千穂の起源は古く、古代遺跡の発掘や多くの出土品等の遺物により、紀元前4000年頃から集落が作られたと推定される。一方、天の岩戸開きや天孫降臨などの神話の高千穂町としても知られています。
(引用:高千穂町ホームページより)

距離

131.7km

最大標高差

1174m

平均斜度

全体:0%
上り:5.6%
下り:5.8%

獲得標高

上り:2953m
下り:2950m

想定所要時間

車:3時間17分
自転車:8時間46分
徒歩:26時間20分
 
 
PAGE TOP